ジョンソン│T7.1 - ルームランナーの専門店

ルームランナー > T7.1


ルームランナーのヘッダーPC用 ルームランナーのヘッダーSP用



家庭用最高クラスT7.1について





スタッフが使いました

家庭用ルームランナーT7.1

走行面積について
家庭用ルームランナーの中でも最大クラスの広さ!落ちる心配はまず無いでしょう。(それでも安全キーは使ってくださいね)横幅も50cmとかなり広いので、少しふらついたくらいでは乗り上げてしまう心配もありません。ちなみに業務用のルームランナー(トレッドミル)も大体同じくらいのランニング走行面積くらいです。T7.1は本当に業務用クラスのマシンなんです。
T7.1のクッション性について
T7.1が家庭用ルームランナーで随一のクッション性を誇るワケは、搭載されている二重クッション。さらに追加した二重クッションで、合計四重クッションになっているからです。
・着地点によって硬さが異なり、スムーズにランニングを行うことが出来るクッション
・ベルト自体がすでにクッション!3.1mmオーソベルトを採用し、膝を守ります。
・大型マットの何倍もの吸収力を持つ新M-MVP特殊クッション
・メーカーであるジョンソンへルステック社のロゴが入った大型マット
どうですか?これだけあれば安心でしょう。
T7.1の音について
モーター馬力が大きいと、それだけ音が大きくなるかと思いきや、モーター音は非常に静かです。(感じ方は個人差があります)重量が相当あるマシンなだけに、思いっきり走ってもドッシリしている感じです。安いマシンだとこうはいきません。ガタガタしてしまい、それがうるさかったりしますが、T7.1ならガタガタすることはまずありません。非常に安心です。
T7.1の機能について
なんといっても、ジョンソンの家庭用マシンではT7.1しか無い「Bluetooth」接続。無線でT7.1のスピーカーから音楽再生が可能です。また、運動記録を保存できるViewFit機能も内臓。マシンを楽しむ為の補助機能も充実しています。
T7.1のプログラムについて
ジョンソンへルステック社のルームランナーでは、業務用ブランド「MATRIX」にしか無いプログラム「スプリントエイト(SPRINT8)」を搭載。週3回、8週間行うプログラムで、交互に低負荷・高負荷を繰り返す1回20分間のプログラムです。アメリカスポーツ医学会で2017年トレンド第3位になったプログラムをご自宅で体験できます。
まとめ
家庭用のルームランナーの中では間違いなくトップクラスのマシンです。これで満足出来なかったら、もう業務用を購入して頂くしかないでしょう。そのくらいの高機能・高スペックなマシンです。

ルームランナー T7.1 説明動画
ルームランナー T7.1 動画

ルームランナー おすすめ
ルームランナー おすすめ


プログラム スプリント8


家庭用最高クラスT7.1 比較


T7.1のクッション性能
ルームランナーの走行面積など
大型ルームランナー速度調節
T71のプログラム設定
新型クッションM-MVP

パスポートプレーヤーについて

ランニングマシン映像







T7.1の仕様(スペック)




大型ルームランナーのお届けについて

T7.1(通常SET)

T7.1(パスポートプレーヤー単体SET)
T7.1(パスポートプレーヤーFULLSET)




ルームランナー「T7.1」について

ジョンソン ルームランナーの「T7.1」の仕様はほぼ業務用に近いものになる為、ご家族でウォーキングからランニングまで楽しめるマシンです。

業務用ルームランナーと比べて異なるところと言えばモーターです。モーターは家庭用のものと、業務用のものとで大きく異なります。何が異なるかと言えば、連続使用が出来るか出来ないか、です。

業務用のモーターは様々な人が入れ替わり乗りますので、連続使用できることが必須となります。

しかし、T7.1も含め、家庭用のルームランナーは連続使用は馬力やマシンなどによって時間が決められており、T7.1は99分間になります。99分間使用した後はどうすればよいかと言えば、99分間モーターを休ませて頂く必要があります。これはモーターを長持ちさせる為に必要なことになります。

安いルームランナーなどは連続使用すれば、モーターがすぐ駄目になってしまいます。

このモーターの耐久性を確認する方法としては馬力を見る、ということがあります。

安価なランニングマシンに関しては、この馬力が記載されていないものがありますが、これは正直不安過ぎます。馬力が小さ過ぎるから記載されていないのか、もしくは販売店が把握すらしていない可能性も・・。

 

走行面積について

ジョンソン ルームランナー「T7.1」の走行面積は153×50cm。家庭用 ルームランナーの中では最大級の広さとなります。

走行面積は広ければ広いほど良いことは間違いないですが、設置場所の広さから、そこまで大きなものを選べないという方も当然いらっしゃいます。

しかし、短か過ぎる走行面のルームランナーはオススメできません。その理由についてご説明致します。

一般成人男性の歩幅がどのくらいかと言うと約70cmになります。ではランニング面積は80cmくらいあれば良いかというと違います。

まず、走行面の手前ギリギリに足を着く訳ではないので前10cmはプラスして必要だと思って下さい。そして、足を着いている間、ルームランナーの走行ベルトは後ろに動き続けています。当然足を止めていればそのまま後ろに落ちてしまうワケです。

足を着いている間、後ろに流れる面積としてプラス30cmは必要です。これだけで今のところ、合計110cmの長さが必要ということになります。これはスピードを出すほどにベルトが流れるスピードも速まるので、安易に決めては危ないということがお分かり頂けると思います。

また、横幅で言えば、成人男性の平均肩幅が45cmくらい、となると、走行面積の幅は40cmでも若干不安が残ります。

走行面積が広いということは、安全性に繋がるわけです。

 

他店にない限定商品有り!ジョンソンヘルステック 正規販売店
お問合わせダイヤル
0120-917-808
(平日12~19時)

ルームランナー
メニュー

お店について
ルームランナー専門店 TOP
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー詳細

人気ランキング

その他のルームランナー

フィットネスバイク一覧

クロストレーナー一覧

ルームランナー専門家に聞く

 

よくある質問集


【振動音について】

【大きさについて】

【機能について】

【修理/保証について】

【配送について】

【お支払いについて】

【その他】

 

お役立ち情報
ルームランナー

トレッドミル情報

ルームウォーカー情報

マラソン

ブランド

ランニングマシン

サイトマップ